【レポ事。】2016.6.29(水)『なぜアーティストは生きづらいか?』NAGESEN MEETINGSOME KIND OF MONSTER

July 09, 2016

【レポ事。】2016.6.22(水)ドラムチャンプロードvol.9

ブログ内タイムリープしますが、

時をかけて、6/22(水)@新宿ANTIKNOCK

ドラムチャンプロードvol.9が開催されました。

IMG_3636s


今回で9回目なんですね。

物凄く久し振りになってしまいました。

遡ってみると、最後に見た本大会は2015.4.17のvol.5。
その後の後夜祭(5.25)にも行きましたが、
もう1年以上も空いてたんですね。



知らない方のために、

■ ドラムチャンプロードとは

ドラム2台を向い合せ、音をぶつけ合う。
ラップやヒップホップダンスにみられる“フリースタイルバトル”を、ドラム流にアレンジ。
自身が持っているプレイスタイルを活かし相手と戦う。
ロック、パンク、ハードコア、メタル、ジャズ、ファンク etc…ジャンルは不問。
手数で圧倒するのか、スピードで圧倒するのか、グルーヴで圧倒するのか。
競い合う二台のドラムが、新しい興奮を生み出す。
(公式サイトから転載)

IMG_3843s


■ ルール

1試合6分間。
開始の合図ののち各自セッティングを行い(各ブロック決勝はセッティング別)、
時間いっぱいまでフリースタイルでドラムを叩き合う。
自分のスタイルで叩き続けるもよし、相手とグルーヴを合わせるもよし、バースチェンジで掛け合うもよし。

IMG_4739s


出場者を含むオーディエンスによる判定が1ポイント、
そして2名の陪審員による判定が1ポイントずつの合計3ポイント。
ポイントを多く取った選手の勝利。

IMG_3898s


優勝者には、新宿ANTIKNOCK姉妹店HILL VALLEY STUDIOの個人練習無料権(3ヶ月間)が贈られます。



気になる今回の出場者はこちら。

菊間慎太郎(GOLGO BUTCH) / 石川大輔(ZIONG HEAD) / タナショウ(discourage) / RYOHEY(THRH) / 大石竜輔(madmantails) / 仮面ポコター(ヱヰ十) / むぅ大陸(エゴシカボンブ) / GAZZY(個人主義激場) / モンジ(テコの原理) / イケヤマホロ(isolate) / リュウスケ(12月23日) / まーくんa.k.a.ばんちょ / 小泉ドラエモ圭司(世界遺産) / MADSEXたかし / トモロヲ(アライ先輩) / コータマン(DELTA CHORD) / 吉村健太郎 / 香山玄季 / 崎山(家畜) / 青柳和真 / 大鷲恭平(REBLAZE) / ナランチャ(Diamond of the Dead) / Yu-ichi(within the last wish) / スピードエンジェル(LUST) / 佐藤修平(モグらいおん)
(敬称略)

IMG_3756s
俺より強い奴に会いに行く。



司会:とーまTHEまえん
司会補佐:Dr.Gate / yucco(渋谷のスカイツリー)

陪審員:ヤマザキタケシ(THE BASSONS) / ONOBONE(QS HumBramar)
(敬称略)

IMG_3747s
左から、Dr.Gate氏、ONOBONE氏、ヤマザキタケシ氏、yucco氏、とーまTHEまえん氏。



暫く来ていない間に、様々なドラマがあったようで、



ドラマーだけに。




えっと、




、、、




観る事の出来なかったvol.6では、
花形選手の1人でもある、仁氏(CYCLAMEN)が念願の初優勝。

vol.7,8では、こちらもドラチャンでは知らない人はいない、菊間慎太郎氏(GOLGO BUTCH)が、ななんと2連覇を果たしていました。


知らない間に、、、

とは言っても、
実は個人練に入っている2人とはよくHILL VALLEYで遭遇していたので話は聞いてました。

菊間選手に至っては毎日いたみたいです()。

歴代チャンプの中でもブッチギリで個人練習無料権を活用していたと思います。



さて、

ドラマーによるドラマはこれで終わりではありません。

ドラチャンには本大会の他に、ヤングロードや後夜祭などの派生イベントがあり、
前回大会後の後夜祭内で行われたプチトーナメントにおいて、
なんと菊間選手は初参加のタナショウ選手(discourage)に敗れ、
今大会のシード権を奪われてしまったのです!


ドラマー!


予選ブロック1回戦からの挑戦になってしまった菊間選手。

そして今大会も腕に自信しかない猛者共が25名。

IMG_4577s
殺気しかない。


回を増す毎にレベルが上がり、常連選手達は勝ち上がるコツをそれぞれ掴みつつあるようで、

昔のように、スティック光らせたり、逆立ちしてバスドラ踏んだり、グラビティブラストしながらセッティングしたり、スネアのみで鼓笛隊(ほぼ聴こえない)を貫いたり、相手のドラムを叩いたり、セットを解体してエアドラムしたり、

eb345e21
(各レポート参照)

と、

オーディエンスや陪審員の目を自分に向ける、パフォーマンス重視の選手の姿は減り、
(観る側は楽しみの一つでしたが)

パワー、グルーヴ、手数、など自分の得意とするスタイルでのガチンコバトルが多く、
度々上がる歓声と共に鳥肌立ちっぱなしでした。

美しかったです。

IMG_4208s



休憩中、某選手に、
「ドラマーじゃないのに見てて楽しい?」
と訊かれましたが、

ドラマーじゃなくても見てて全然楽しいです。


僕にはこう見えてます。

st2

st2




さてさて、各予選ブロックを勝ち抜いたのは、
大鷲恭平選手、まーくんa.k.a.ばんちょ選手、菊間慎太郎選手。

IMG_4650s


菊間選手上がってきたーー!


そして、今回のシードであり、本大会初出場でもあるタナショウ選手を加えた4選手での決勝トーナメントとなりました。


が、


ドラマーによるドラマはこれd(ry



なんとここで「道場破り」なる、謎の逆隠れモンスター、
チンウィル氏(THINK AGAIN / VVORLD)が乱入!

IMG_4652s


「ここにいる4人をぶっ続けで倒したら俺優勝な!」
(実際にはそんな言い方はしてない)

「「「な、なんだってーーっ!!」」」
(実際にはそんな)



と言う事で、
満場一致により道場破り戦がスタート。

1人目は、今回シードの為まだ1戦もしていない、たぎりまくるタナショウ選手。

IMG_4657s
こわ。。

IMG_4705s
こわーーーーっ!!


なんとなんとタナショウ選手、次の試合に回す事無くクリティカルで終了!

手加減無しで返り討ちにしたタナショウ選手と、とんでもない挑戦をしたチンウィル選手に惜しみない拍手が送られました。



いよいよ決勝トーナメント。

ここでも因縁の対決。

予選ブロックから勝ち上がってきた前回王者菊間選手
VS
シード権を奪った本大会初出場タナショウ選手

IMG_4816s

ここで菊間選手はリベンジを果たし、見事決勝進出。



IMG_4918s

決勝に上がった大鷲選手とのバトルの末、


なんと菊間選手3連覇!!!

強過ぎる。

IMG_5001s





これ、優勝したら逆に練習しちゃダメ。とかにしないと差が開いちゃうよね()。



次回ドラムチャンプロードはいよいよ記念すべきvol.10。

どんなドラマが待っているのでしょうか。しつこい。

いやでもまじで。


楽しみにしてます。


今回のダイジェスト動画も作成中。
出来れば気長にお待ちください。

過去のレポート、ダイジェスト動画等、関連リンクは一番最後に載せておきます。
チャンプロード未体験の方は、過去の動画で少しでも体験してみてください。

IMG_3650s

IMG_3935s

IMG_4737s

IMG_4084s

IMG_4288s

IMG_4244s

IMG_4536s

IMG_4505s

IMG_4247s

IMG_5014s


チャンプロード関連リンク

◆ ドラムチャンプロード公式サイト
http://www.drumchamproad.com/
◆ チャンプロード公式twitter
https://twitter.com/drum_champ

□ 2014.6.27(sun)ギターチャンプロードvol.2ダイジェスト
https://youtu.be/APUnQuhjGTo
□ 2014.8.15(fri)ドラムチャンプロードvol.3ダイジェスト
https://youtu.be/_Bp7dh8Ky4E
□ 2015.1.22(thu)ドラムチャンプロードvol.4ダイジェスト
https://youtu.be/pdxMEPn76hY
□ 2015.4.17(fri)ドラムチャンプロードvol.5決勝総当たり戦全試合
・ 大西英雄 VS 上田哲也
http://youtu.be/jYo1K37MrIE
・ 瀬尾雄一郎 VS 上田哲也
http://youtu.be/zijwhUQ6C_s
・ 瀬尾雄一郎 VS 大西英雄
http://youtu.be/HUyxz6f2yUg

■ 【レポ事。】2013.11.29(fri)ドラムチャンプロード&ケーブル品評会
http://blog.livedoor.jp/esolablog/archives/2013-11-30.html
■ 【レポ事。】2014.4.11(fri)ギターチャンプロード
http://blog.livedoor.jp/esolablog/archives/2014-04-12.html
■ 【レポ事。】2014.6.27(sun)ギターチャンプロードvol.2
http://blog.livedoor.jp/esolablog/archives/2014-07-03.html
■ 【レポ事。】2014.8.15(fri)ドラムチャンプロードvol.3
http://blog.livedoor.jp/esolablog/archives/2014-08-17.html
■ 【レポ事。】2015.1.22(thu)ドラムチャンプロードvol.4
http://blog.livedoor.jp/esolablog/archives/2015-01-28.html
■ 【レポ事。】2015.4.17(fri)ドラムチャンプロードvol.5
http://blog.livedoor.jp/esolablog/archives/2015-04-25.html
■ 【レポ事。】2015.5.25(mon)ドラム&ギターチャンプロード後夜祭
http://blog.livedoor.jp/esolablog/archives/2015-06-10.html


vo マタヒラ


esolablog at 19:05│Comments(0) 【レポ事。】 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【レポ事。】2016.6.29(水)『なぜアーティストは生きづらいか?』NAGESEN MEETINGSOME KIND OF MONSTER