【レポ事。】バンドTシャツ作ろう。【2】【明日!エソライブ!】5/21(thu)dues新宿 w/Shinobu Motoori Group

May 19, 2015

【レポ事。】バンドTシャツ作ろう。【3】

そして誰もいなくなった。。




前回までの記事はこちら。

第一回【レポ事。】バンドTシャツ作ろう。【1】
http://blog.livedoor.jp/esolablog/archives/2015-05-17.html
第二回【レポ事。】バンドTシャツ作ろう。【2】
http://blog.livedoor.jp/esolablog/archives/2015-05-18.html


いよいよ、ファイナルです。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

3. プリントをする。

3-1. プリントに必要なもの。


ここでも、事前に買い揃えておかなければいけない物がいくつかあります。

いっぺんにズドン。

IMG_5047s


『薄いアクリル板』。
Tシャツの中に挟める範囲で、版より大きいもの。
ハンズやホームセンターなどで。


『スキージー(ウレタン製)』。写真左。
インクをヌサーーーッてやるワイパーみたいなやつ。
僕が使っているのは2,500円くらいでしたが、
安いのもあります。デザイン以上の幅が絶対。
僕のは、厚さ6mm、幅18cm。


『Tシャツ用のインク(水性)』。
前回も書いた『Tシャツくん』シリーズの純正インクがいいです。
色んな色がありますよ。
僕は水性派。500円。
水性っつっても、プリント後に水で落ちるという意味ではないです。

油性はマジで大変な事になるので、
世の中の全てが嫌になった時に、滅びの呪文として使ってください。


『目詰まり防止液(水性インク用)』。
300円くらい。
インクを薄めてよりトロトロにしたり、
版の目詰まり防止用ですが、
僕はもう、ここ何年か使ってません。
一応紹介しておきます。


『スブレーのり』。
600円くらい。
プリントする際に、Tシャツが伸びたりズレたりしないように、
アクリル板に固定する時に吹き付けます。


『マスキングテープ』。
隙間を塞ぎます。
30mm幅のがおすすめ。
150円くらいですが、沢山作るならまとめ買い。


『ヘラ』。
インクを思うがままに。
いくらだっけな。1個100円しないかも。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

3-2. もうプリントしろ。


やっとです。



あーーーーーー!



やばい!



Tシャツ買ってなかった!


Tシャツ用意してください。元も子もないです。


趣旨が!


大量に欲しかったり、メーカーにこだわりがあったりする方は、
【Tshirt.st】とか。
http://www.tshirt.st/

トートバッグや、エプロンなんかもありますよ。

あと、『Tシャツくん』シリーズも売ってます。


いや、趣旨が!!


Tシャツは、こだわらなければ近所のスーパーの衣料品コーナー方が安い場合もあります。



はいはい、じゃあプリントしますね。


まず、版の端をマスキングテープで塞ぎます。

今回のデザインは小さめですが、
大きいと、プリントの際に隙間からインクがはみ出したりして、
とても斬新なデザインに仕上がりますので、必ず塞いでください。

IMG_5049s

ちなみにアイロン台の上で作業してますこれ。

インク垂れたら事件なので、
常識のある人間なら普通、下に何か敷いてやりますよ。


アクリル板にスプレーのりを軽く吹き付け、
Tシャツの中に挟みます。
伸ばさず、シワを作らず、真っ直ぐに。

IMG_5052s



プリントする位置を決めて、
もしこれから同じものを大量に作るって場合は、
木枠などにポールペンで印を付けておきます。
首からの距離など、自分がわかれば何でもいいですが、
S,M,Lサイズでも位置が微妙に変わってくるので注意。

デザイン上部に、インクをまんべんなくマウントして、

IMG_5055s



スキージーで、ヌサーーーッ。

IMG_5057s



alt of the societyフクドメ氏のレクチャー動画だと、
この時に、Tシャツと版がズレないように、布団用の洗濯バサミで固定してますね。
僕は最近固定せずにやっちゃってますが、そういうの凄く大事です。

なんせ、ここの工程が最も失敗しやすい、二大セクションの二つ目です。


というか、動画よく見たら、
彼、スキージーから、版の木枠から何から手作りなんですね。

ハンパじゃない。超カッコいい。

そんな彼のプリント動画はこちら。(許可頂いてます)

https://youtu.be/LfnQBTZ79aU



勢いよく引いてもムラが出来たり、
ゆっくり過ぎてもインクが滲んだりはみ出たり、

でも躊躇ってはいけません。
均等の力で、真っ直ぐ、ヌサーーーッ。です。


あとはもう、あれです。日頃の行いが関係してきます。


ズレないように、版を上に持ち上げてドーン。
こんな仕上がり。

IMG_5059s



このまま版が乾いてしまうと、
目が詰まって、一回こっきりの版になってしまうので、
とりあえず洗いに行ってください。

強くゴシゴシ洗うと長持ちしないので、
シャワーを当てて軽く擦る程度で。


洗ったら、Tシャツと一緒に暫く掛けときましょう。


IMG_5060s



Tシャツは、乾いたら当て布してアイロン掛け、
インクを定着させれば完成です。

IMG_5067s



版がぶっ壊れるまで、Tシャツをプリントし狂ってください。



ちなみに、版作りの工程で1日乾かして、、とか書いてますが、
僕は今回、この全工程を4時間くらいでやりました。


慣れです。


結構余計な事も文章に織り交ぜたので、こんなにも長くなってしまいましたが、

工程自体は割と少ないです。

業者さんに注文する方法と、今回みたいなスーパー手作りとの間にも、
沢山の選択肢があると思います。

版だけでも楽に作りたいとか。

自分にあった丁度いい方法を見付けて、

是非是非、バンドマンのみならず、
シルクスクリーンプリントに興味がある皆さん、

オリジナルグッズ作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。


でも、人のバンドのグッズ勝手に作ってお金儲けしたらダメよ。



alt of the societyフクドメ氏による【Tシャツ作ら★night!!!】も、
第二回を検討中らしいので、
機会があれば、実際にDIYのプロフェッショナルからレクチャーを受けてみるのもいいですね。

僕も行ってみたいです。

『Tシャツくん』のスクリーンめっちゃ魅力的だし。

今更(笑)




でも、あれなんです。


今日を持ちまして、alose recordsのDIYマーチャンダイズ部門は、
暫く活動休止します。



もう、



いっかなって。



衝撃!!



最後まで読んでくださった方、
ありがとうございました。


vo マタヒラ

esolablog at 00:42│Comments(1) 【レポ事。】 

この記事へのコメント

1. Posted by なが。   May 25, 2015 23:56
ぼくは油性派(・Д・)ノ

なぜなら、目が詰まらないからw それだけw

水性用の版には、壊れにくくするために強化剤塗ってる

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【レポ事。】バンドTシャツ作ろう。【2】【明日!エソライブ!】5/21(thu)dues新宿 w/Shinobu Motoori Group