July 2016

July 30, 2016

結局、なぜアーティストは

以前ここで紹介させて頂いた本。

MUSE音楽院講師・手島将彦氏 × 信州大学医学部附属病院診療教授・本田秀夫氏著
『なぜアーティストは生きづらいのか?』

関連リンク
■ amazon商品ページ
https://www.amazon.co.jp/dp/484562804X/ref=cm_sw_r_tw_dp_ARQDxbQFPVEE5

■ リットーミュージック商品ページ
http://www.rittor-music.co.jp/books/15317403.html
■ BEEAST レビューページ
http://www.beeast69.com/serial/simple/152261
■ CINRA.NET 手島将彦×本田秀夫対談の記事
http://www.cinra.net/interview/201605-sainounoikashikata
■ 立東舎 手島将彦インタビュー
http://rittorsha.jp/interview20160421-1.html


そして、この本の著者の一人でもある手島将彦氏を迎え開催された、
公開ミーティングイベントと言う名のリリパ、
『NAGESEN MEETING 2016』

■ NAGESEN MEETING official twitter
https://twitter.com/Nagesen2016

■ 【レポ事。】2016.6.29(水)『なぜアーティストは生きづらいか?』NAGESEN MEETING
http://blog.livedoor.jp/esolablog/archives/2016-07-05.html

手島氏ブログ。
■ NAGESEN MEETING 「音楽がなくても死なない」が…。
http://blog.livedoor.jp/monday_friday/archives/2016-06-30.html
■ NAGESEN MEETING その2 「生きづらさを自分のせいだと思わない」
http://blog.livedoor.jp/monday_friday/archives/2016-07-03.html


色んな所で反響がありましたが、

このミーティングイベントを振り返る、イベント参加者達の対談が、
来たる8/1(月)24:00 (8/2(火)0:00)〜ツイキャスにて配信される事になりました。

20160801s


何故か僕も参加します。
映るか喋るかは置いといて、参加します。います。そこに。


NAGESEN MEETINGに参加出来なかった皆様、
是非是非チェックしてみてください。


出演者はこちら。

□ 手島将彦氏
teshimashi
MUSE音楽院講師。
『なぜアーティストは生きづらいのか?』著者の一人。


□ 印藤勢氏
IMG_6583s
NAGESEN MEETINGでは司会を担当。
斧をロンギヌスの槍に交換。


□ マ死ラ
IMG_6606s
緊張のせいか、カクカクに。
esolaは10/29に企画をするよ。


さらに当日、視聴者さんからのツイッターチョッカイも受け付けてます。
是非ご参加ください。


テーマは何であれ、手島氏の話は面白いです。
個人的には、ユーチューバーになって毎日配信してほしい人第1位です。
2位は麻生久美子です。アイデン&ティティの頃の。


手島氏の事を知らない方に是非知ってほしい。
そうしたら、本に興味が無かった方も、読まずに否定気味だった方も、
ちょっと気持ちが変わるかも。


ではでは、8/1(月)24:00〜
よろしくお願いします。

■ NAGESEN MEETING official twitter
https://twitter.com/Nagesen2016

IMG_6600s





あ、そうそう、

以前にも上げたnanoblockのジョニーさん。

凄いと言ってもらえましたが、凄くないです。
ネットにオリジナルの見本があるので。

■ neko block
http://nekoblock222.blog.fc2.com/


曲で言ったら耳コピみたいなものです。

120509tumiki2


graph03


こういうの好きならいけます。


凄いのはゼロから作った人。
これを作ろうと思ったセンスと実際に再現出来るスキルを兼ね備えた人です。
羨ましい。


いや、僕だってゼロから作ろうと思えば作れますよ。
これでもアーティストですから。


そうだな、RiotのNARITAの言えば、ジョニーさんと、あともう一つ。

これ。


飛行機!
IMG_6591s





しょぼーーーーーーーーっt!!



生きづれーーっt!!


vo マタヒラ



esolablog at 22:48|PermalinkComments(0)

July 28, 2016

【でした!】7/26(火)吉祥寺warp【と沢山告知!】

26日、エソライブ@吉祥寺warp
無事終了しましたーす!

IMG_6378s


お足元の悪い中、見に来てくれた皆様、見ていてくれた皆様、
ありがとうございました!

対バンさん、ワープスタッフの皆さん、
ありがとうございました!ド疲れ様でした!

楽しかったーす!


from鹿島、obiのレコ発ツアー吉祥寺編。

対バンには他にもパーティーライクダンスロックバンドがいたり、
魔女がいたり、ストレートなガレージロックがいたり。

久々の5バンドイベントであっちゅーまでしたが、
個性的なバンドが多くて濃い一日でした。

3バンドが女性ドラム!
しかもなんと、うちのよっしー以外の2人は兼ボーカルという。

1バンドでも滅多にいないですよ。
女性ドラムボーカルバンド。

ルーマニアモンテビデオですよ。



(๑•̀ㅂ•́)




1. the looper
IMG_6412s


2. 三角形の時間
IMG_6449s


3. 逆境クォーツ
IMG_6488s


4. esola
セットリストっす
1. mogura
2. cracks
3. 灯
4. mori
5. 静かに流れる

今回色々マイナーチェンジしてみました。
今まで以上に全身が痛いのは、そのせいもあるのでしょうか。


5. obi(from鹿島)
IMG_6520s



obiレコ発ツアーもちょうど半分くらいが終わり、
ファイナルは9月、地元茨城県は鹿島でワンマンだそうですが、

なななんと、鹿島にはライブハウスが無く、
(あった所が閉店してしまったらしい)
どうしても地元でファイナルを飾りたいobiは、
最近潰れたパチンコ屋の1Fを借りて、フロアライブを決行するそうです。

まじカッケー(ΦωΦ)

地元愛がヤバい。

さすが帯。鹿島の帯!




さて、実は、

obiとはネクストエソライブでもまたまた一緒です!

御縁!

レペゼン鹿島を見逃した方は是非是非この機会に。

しかもこの日、さらに色々凄いんです。

ClYQ2-jUgAA1Tf7


■ 2016.8.14(sun)@両国SUNRIZE
【SUNRIZE KINGS NIGHT】
- THE BASSONS〜Dub Dub Tour〜 -
 open/start:15:00/15:30
 adv/door:¥2,000+d/¥2,500+d
w)THE BASSONS / obi(from 鹿島) / 宮城マリオ(エアギター) / 掌幻 / ROI(ももいとうさみ) / discourage / 一寸笑劇 / Talking mushroom
FOOD:エスニック鳥串

日曜日の15:00オープン、11アーティスト(?)のフェス。

from鹿島のobiの他、

ヒップホップミュージシャンのダースレイダー氏率いる、
ウワモノ無しドラベボーカル3ピースファンクバンド、THE BASSONS!

そして、先日のフリースタイルダンジョンでもハイパーキレてたラッパー、掌幻氏!

ギターロック界も負けてない、
Golden Peak Vでの再会も記憶に新しい、一寸笑劇!
ドラムチャンプロード vol.9シード枠で大会を沸かせたタナショウ氏所属、discourage!

などなど!


あと!


タイムテーブルにご飯タイムがある!

フードはバード。
SEI WITH MASTER OF RAM 印藤氏による【エスニック鳥串】。


あと、さらに!

ここ謎!

なんか、エアギターバトルトーナメントがある!

(ΦωΦ)?


宮城マリオ氏は日本エアギター協会の代表の方だそうです。

で、エアギターバトルのバックで流すギターが、
ソロギタリストDr.Gate氏の生演奏。

いや、ちょっと、これもう実際見てみないとマジでさっぱりわからない!


楽しみです!


その他エソライブスケジュールはこちら。

■ 2016.8.29(mon)@立川BABEL
[ BABEL pre 立川BABEL vol.8 -DAY 1-]
 open/start:17:30/18:00
 adv/door:¥2,000+d/¥2,500+d
w)TDBRS / 鶴ヶ屋 / weather shop / サイキックブルーズ / E-STONE / LARK


■ 2016.9.12(mon)@新宿ANTIKNOCK
【ANTIKNOCK POWER PUSH!】
 open/start : xx:xx/xx:xx
 adv/door : ¥2,000+d/¥2,400+d
 w)Shinobu Motoori Group / THE ボニクラマン / akanoblue
and more..



そうそう、ワープで解禁したお知らせですが、

■ 2016.10.29(sat)

■ 2016.10.29(sat)

■ 2016.10.29(sat)

esola pre.



します!


追加情報をお待ちください!

まずは、ジュルスケ帳に風穴を!


全てのエソライブご予約は、ブログコメント欄、twitterリプライ、DM、HPメール(http://esola.jp/)、
矢文、念、鳩、白ヤギ、ニョロモ、等。


よろしくお願いします!



P.S.

ポケモンGO効果。

やはり対バンさんもやってる人が多く、
顔合わせ前にも関わらず、情報交換ですぐ距離が縮まりました。

やってない人はやってない人同士で話す。
という流れも、ポケGOの凄さだと思いました。

でもね、甘かった。

ポケGOの威力。

対バンさん、自分の出番が終わるや否や、井の頭公園へ。
レアポケモン狩りに出て行きましたとさ。

君のハートにレボリューション!!!


vo マ死ラ



esolablog at 22:18|PermalinkComments(0)

July 25, 2016

【明日!】7/26(火)吉祥寺warp【obiレコ発ツアー】


昨日はリハでした。

ポケモンGO配信後初の新宿。


新宿ヤバい。

駅前とか神社とか尋常じゃない。
気持ち悪いくらいスマホ片手にうつむいた人だかり。

あんたらの方がよっぽどモンスターだわ。



メンバーやスタジオスタッフ、
会う人会う人あまりにもやってるもんで、

その話で盛り上がれる程度に丁度良くやっておく。
って事も大事なんだろうと思いました。

前回ブログで書いた僕みたいな人間には新鮮な"目的"です。


ちなみに昨日リハをしたHILL VALLEYのBスタジオにはゼニガメがいます。
しかも部屋の中からポケストップ回せます。

screenshot_2052s


(あと30分全力で練習しろよ。)



明日の対バンさん、スタッフさん、お客さんはどれくらいやってるんでしょうね。

車に気を付けてお越し下さい。雨だし。

エソライブ中にポケGO起動させた人を見掛けたら、
野生のコジマがとびだして、脳天にモンスターベースをメガヒットさせますので、
回りをよく見て、常に注意しながらプレイしてください。



■ 2016.7.26(tue)@吉祥寺warp
【SMALL LAKE!! 〜obiリリースツアー"Over come yourself tour 2016"〜】
 open/start:18:00/18:30
 adv/door:¥1,800+d/¥2,300+d
w)obi(from 茨城) / ド真ん中ズン / 逆境クォーツ / 三角形の時間 / the looper

esolaの出番は4番目、20:30〜


ご予約はブログコメント欄、twitterリプライ、DM、HPメール(http://esola.jp/)、
矢文、念、鳩、白ヤギ、虫、ヒトデマン、等。



街中モンスターだらけらしいですが、地元には虫しかいません。


vo マタヒラ





esolablog at 22:36|PermalinkComments(0)

July 23, 2016

Go! Johnny! Go!!

流行ってますね。ポケモンGO。


この手の流行モノが出た時、
だいたい僕みたいな歪んだ人間は、全く手を出さないか、
やるなら誰よりも早く、常にトップクラスにいて回りに自慢出来る状態でいるか、
のどっちか。

中間は無いんです。

ちなみに、初代ポケモン(ゲームボーイ版の赤・緑)が出た当時、
友達と2人で発売日に買い、ほぼほぼ遊び尽くしたくらいでブームが来て、
ちょうどソフトが入手困難になった頃に高値で売った思い出があります。

それ以降の全てのポケモンはノータッチなので、話にはついていけません。



スマホなどでのオンラインゲームが出てきてからは、
だいたい全国ランキングみたいなものがあって、
トップランカーになってくると課金額も狂ってるし、スコアもケタが違うので、
トップを目指す。という目的ではもうゲームが出来なくなりました。

なので、素直に内容だけで1人でゲームを楽しめない僕は、
基本的には何も始めません。

あと一つ、僕みたいな歪んだ人間がゲームを始める理由があるとしたら、
本来の遊び方とは違った使い方を思い付いた時くらいですかね。



で、今回のポケモンGO。


日本での配信が始まるまでは、全く興味が無く、勿論やる気も無く。
例に漏れず今回もノータッチパターンだなと。

世界中で起きているポケGO関連の事件、事故などを見ては、
日本でも色々起きるんだろうな。くらいの感じでした。

昨日の昼過ぎに配信開始の情報を知り、
知人からもわざわざLINEが来たりして、
ツイッターでもタイムラインがポケGO一色に。
道行く人が漏れなく歩きスマホに。
(今までがどうだったのか気にした事無いけど)


異常だ。


なんか1日で世界が変わってしまった感じ。



そんなにもなのか。



そんなにも街中がモンスターで埋め尽くされているのか。







なるほど。。





駆逐してやる、、、!





まあ、長くなりましたが結局の所、始めました。



ピカチュウ出現。

Screenshot_2016-07-23-03-54-05s

「よう・・・20年ぶりだな・・・」




危うく車に轢かれそうになった!

Screenshot_2016-07-23-04-24-13s

ポケモンの方が!




まさか家の中になんて、、










いたーー!

Screenshot_2016-07-23S



ジョニーゲットだぜ!





(๑•̀ㅂ•́)و




はい、



もう本来の遊び方とは違った使い方!




と言うわけで、ある程度遊びましたが、

僕はもうダイジョブです。


ハマりそうな皆さんは車に轢かれないように気を付けて下さいね。

こんなんで車側が責任取らなきゃいけなくなったら世の中ヤバイです。




あ、あと3日後、吉祥寺warpにモンスターが出現しますよ。


■ 2016.7.26(tue)@吉祥寺warp
【SMALL LAKE!! 〜obiリリースツアー"Over come yourself tour 2016"〜】
 open/start:18:00/18:30
 adv/door:¥1,800+d/¥2,300+d
w)obi(from 茨城) / ド真ん中ズン / 逆境クォーツ / 三角形の時間 / the looper

2度目ましての吉祥寺warp。
from茨城、obiのリリースツアーをサポートさせて頂きます。

esolaの出番は4番目、20:30〜


是非是非、遊びに来てくださいませ!

ご予約はブログコメント欄、twitterリプライ、DM、HPメール(http://esola.jp/)、
矢文、念、鳩、白ヤギ、虫、ポケモン、等。


チケットゲットだぜ!(取り置きになります)



IMG_6375s



vo マタヒラ



esolablog at 22:29|PermalinkComments(0)

July 20, 2016

なつのせい。

あっちー


(雨で涼しい)



うぇいうぇーーい


どうっすか。やってますか。




あのね、本。

読んでる。


って事を続けてますのよね。

ぜんぜんよ。そりゃあもう。






がんがんよ。




がーんがん。






最近の今の本の読書の読んだ本のやつはこれです。






IMG_6319s








文章力退化してるーーーーーっ!




るーーーーーーーっ!









ネクストエソライブは1週間後。

■ 2016.7.26(tue)@吉祥寺warp
【SMALL LAKE!! 〜obiリリースツアー"Over come yourself tour 2016"〜】
 open/start:18:00/18:30
 adv/door:¥1,800+d/¥2,300+d
w)obi(from 茨城) / ド真ん中ズン / 逆境クォーツ / 三角形の時間 / the looper

2度目ましての吉祥寺warp。
from茨城、obiのリリースツアーをサポートさせて頂きます。

esolaの出番は4番目、20:30〜


是非是非、遊びに来てくださいませ!

ご予約はブログコメント欄、twitterリプライ、DM、HPメール(http://esola.jp/)等!


がーんがん。





こないだ渋谷でリアルマリオカートを見ました。

目の前で止まったので激写。

IMG_6313s



停止線越えてんで。


vo マタヒラ



esolablog at 22:27|PermalinkComments(0)

July 17, 2016

ドラムチャンプロード vol.9 ダイジェスト動画

6/22に新宿ANTIKNOCKで開催された【ドラムチャンプロード vol.9 】
ダイジェスト動画が公開されました。

dcr_logos

■ 2016.6.22(wed)ギターチャンプロード vol.9 ダイジェスト
https://youtu.be/hR4SAi3VC6U

僕目線の"格ゲー"っぽさが出てます。
そして、敢えてのコンプラから始ってます()。

先週投稿したレポートと併せて見て頂けると、より楽しんで頂けるかと思います。

■ 【レポ事。】2016.6.22(wed)ドラムチャンプロード vol.9
http://blog.livedoor.jp/esolablog/archives/2016-07-09.html


動画版では、何故かレポで一切触れる事のなかった()ザキヤマ選手が多少推され気味になっております。
無駄にマルチアングル。

まだまだレポートにも動画にも載ってないドラマが沢山ありました。


「俺の試合映って無えじゃねえか!」
「あの試合もう一回フルで観たい!」
「名前間違ってる!」


等々ありましたら、
時間とテンション、モチベーション、センセーション、テンプテーテョンによって対応させて頂きますエクスクラメーション。


次回は8/22(mon)新宿ANTIKNOCK
なにやら本戦とはまた違った派生イベントが開催されるようです。

新たなドラマ。



チャンプロード関連リンクはこちら。
だいぶ増えてきましたね。

◆ ドラムチャンプロード公式サイト
http://www.drumchamproad.com/
◆ チャンプロード公式twitter
https://twitter.com/drum_champ

□ 2014.6.27(sun)ギターチャンプロード vol.2 ダイジェスト
https://youtu.be/APUnQuhjGTo
□ 2014.8.15(fri)ドラムチャンプロード vol.3 ダイジェスト
https://youtu.be/_Bp7dh8Ky4E
□ 2015.1.22(thu)ドラムチャンプロード vol.4 ダイジェスト
https://youtu.be/pdxMEPn76hY
□ 2015.4.17(fri)ドラムチャンプロード vol.5 決勝総当たり戦全試合
・ 大西英雄 VS 上田哲也
http://youtu.be/jYo1K37MrIE
・ 瀬尾雄一郎 VS 上田哲也
http://youtu.be/zijwhUQ6C_s
・ 瀬尾雄一郎 VS 大西英雄
http://youtu.be/HUyxz6f2yUg

■ 【レポ事。】2013.11.29(fri)ドラムチャンプロード&ケーブル品評会
http://blog.livedoor.jp/esolablog/archives/2013-11-30.html
■ 【レポ事。】2014.4.11(fri)ギターチャンプロード
http://blog.livedoor.jp/esolablog/archives/2014-04-12.html
■ 【レポ事。】2014.6.27(sun)ギターチャンプロードvol.2
http://blog.livedoor.jp/esolablog/archives/2014-07-03.html
■ 【レポ事。】2014.8.15(fri)ドラムチャンプロードvol.3
http://blog.livedoor.jp/esolablog/archives/2014-08-17.html
■ 【レポ事。】2015.1.22(thu)ドラムチャンプロードvol.4
http://blog.livedoor.jp/esolablog/archives/2015-01-28.html
■ 【レポ事。】2015.4.17(fri)ドラムチャンプロードvol.5
http://blog.livedoor.jp/esolablog/archives/2015-04-25.html
■ 【レポ事。】2015.5.25(mon)ドラム&ギターチャンプロード後夜祭
http://blog.livedoor.jp/esolablog/archives/2015-06-10.html



そうそう、


ついでに告知なんですが(こっちの方が100倍大事だろ)、
来月のエソライブ。

■ 2016.8.14(sun)@両国SUNRIZE
【SUNRIZE KINGS NIGHT】
- THE BASSONS〜Dub Dub Tour〜 -
 open/start:15:00/15:30
 adv/door:¥2,000+d/¥2,500+d
w)THE BASSONS / obi(from 茨城) / 宮城マリオ(エアギター) / 掌幻 / ROI(ももいとうさみ) / discourage / 一寸笑劇 / Talking mushroom
FOOD:エスニック鳥串

ClYQ2-jUgAA1Tf7


この日は、日本エアギター協会の代表の方も来て、プチトーナメントも行われるそうです。

そして、ドラチャンvol.9で司会補佐を務めたDr.Gate氏が、
エアギターのオケ+リアルギター担当として出演。

ちょっと謎!


そしてそして、ドラチャンvol.9で大活躍だったタナショウ氏が所属するdiscourage。

そしてそしてそして、またまたドラチャンvol.9では陪審員を務めた、ヤマザキタケシ氏所属のTHE BASSONS。
こちらも大絶賛レコ発ツアーでの出演になってます。

さらに、ドラチャンオーガナイザーでもあるSEI WITH MASTER OF RAM 印藤氏が、
ライブハウスフード界に新風を巻き起こした【エスニック鳥串】を出店。



チャンプローダー全員来なさい!(๑•̀ㅂ•́)و




僕が一番関係無い!(๑•̀ㅂ•́)و




その他のエソライブスケジュールはこちら!
ネクストエソライブは10日後です!

■ 2016.7.26(tue)@吉祥寺warp
【SMALL LAKE!! 〜obiリリースツアー"Over come yourself tour 2016"〜】
 open/start:18:00/18:30
 adv/door:¥1,800+d/¥2,300+d
w)obi(from 茨城) / ド真ん中ズン / 逆境クォーツ / 三角形の時間 / the looper

from茨城、obiのレコ発ツアーをサポートさせて頂きます。
esolaは4番目、20:30〜!


■ 2016.8.14(sun)@両国SUNRIZE
【SUNRIZE KINGS NIGHT】
- THE BASSONS〜Dub Dub Tour〜 -
 open/start:15:00/15:30
 adv/door:¥2,000+d/¥2,500+d
w)THE BASSONS / obi(from 茨城) / 宮城マリオ(エアギター) / 掌幻 / ROI(ももいとうさみ) / discourage / 一寸笑劇 / Talking mushroom
FOOD:エスニック鳥串


■ 2016.8.29(mon)@立川BABEL
[ BABEL pre 立川BABEL vol.8 -DAY 1-]
 open/start:17:30/18:00
 adv/door:¥2,000+d/¥2,500+d
w)TDBRS / 鶴ヶ屋 / weather shop / サイキックブルーズ / E-STONE / LARK


■ 2016.9.12(mon)@新宿ANTIKNOCK
【ANTIKNOCK POWER PUSH!】
 open/start : xx:xx/xx:xx
 adv/door : ¥2,000+d/¥2,400+d
 w)Shinobu Motoori Group / THE ボニクラマン / akanoblue
and more..




カメラがそろそろ壊れそうです。


vo マタヒラ


esolablog at 00:16|PermalinkComments(0)

July 14, 2016

SOME KIND OF MONSTER

METALLICAのドキュメンタリー映画
『SOME KIND OF MONSTER』を観ました。

IMG_6318s


2004年の作品です。
まあMETALLICAよく知らないんですけどね()。

先月MUSE音楽院で開催されたトークイベント『なぜアーティストは生きづらいのか?』で、
田中秀基氏(YKZ / ポニーキャニオン)が紹介していた作品の一つです。

■ 【レポ事。】2016.6.29(wed)『なぜアーティストは生きづらいのか?』
http://blog.livedoor.jp/esolablog/archives/2016-07-05.html

『どんなに世界的に有名なバンドになっても、どんなに金持ちになっても、大成功していても、
バンドマンにはこんな事がある。うちらと変わらない。』

と、田中氏は話してました。


vo/gtジェームズの悩みやメンバー同士の意見のぶつかり合いなど、自分に重ねながら、

あるわー。(๑•̀ㅂ•́)

と、ちょっと泣きそうになりつつ、面白かったです。


メタリカさん達は、後にこの映画を発表した事を後悔してるみたいですけど。

と言うのも、
もともとニューアルバム制作の密着ドキュメントのつもりが、
vo/gtジェームズ氏がメンバーと対立してスタジオ飛び出し、10ヶ月音信不通なったりして、
結果的にこういう仕上りになったみたいです。

後半、『アルバム制作700日目。』とか出てくるからね。



いや、ちょっと待ってよ。

『バンドマンにはこんな事がある。うちらと変わらない。』

いや、変わるから!

スタジオ飛び出して10ヶ月音信不通って別にバンドマンあるあるじゃないから!


\m/(°д°)\m/



手島将彦氏著『なぜアーティストは生きづらいのか?』とはまた違ったベクトルで、
バンドマンはぜひぜひ見てみてほしいです。

というかこれ、界隈では結構有名な映画みたいで、僕の回りには既に知ってる人多かったです。

僕の回りにメタルが多いだけか。





という事で、最後にバンドマンあるあるマッシュアップ。

MATAHILA0Ls



まあMETALLICAよく知らないんですけどね()。



エソライブ詳細ちょこちょこ出て来てます。
ネクストエソライブは2週間後。

■ 2016.7.26(tue)@吉祥寺warp
 open/start:18:00/18:30
 adv/door:¥1,800+d/¥2,300+d
w)obi(from 茨城) / ド真ん中ズン / 逆境クォーツ / 三角形の時間 / the looper
esolaの出番は4番目、20:30〜


■ 2016.8.14(sun)@両国SUNRIZE
【SUNRIZE KINGS NIGHT】
- THE BASSONS〜Dub Dub Tour〜 -
 open/start:15:00/15:30
 adv/door:¥2,000+d/¥2,500+d
w)THE BASSONS / obi(from 茨城) / 宮城マリオ(エアギター) / 掌幻 / ROI(ももいとうさみ) / discourage / 一寸笑劇 / Talking mushroom
FOOD:エスニック鳥串


■ 2016.8.29(mon)@立川BABEL
[ BABEL pre 立川BABEL vol.8 -DAY 1-]
 open/start:17:30/18:00
 adv/door:¥2,000+d/¥2,500+d
w)TDBRS / 鶴ヶ屋 / weather shop / サイキックブルーズ / E-STONE / LARK


■ 2016.9.12(mon)@新宿ANTIKNOCK
【ANTIKNOCK POWER PUSH!】
 open/start : xx:xx/xx:xx
 adv/door : ¥2,000+d/¥2,400+d
 w)Shinobu Motoori Group / THE ボニクラマン / akanoblue
and more..



他にも色々決まってきてます。

流血ミーティングで引き続き進めて行きますので、お楽しみにっす。

ファーーーーック!!


vo マタヒラ




esolablog at 21:56|PermalinkComments(0)

July 09, 2016

【レポ事。】2016.6.22(水)ドラムチャンプロードvol.9

ブログ内タイムリープしますが、

時をかけて、6/22(水)@新宿ANTIKNOCK

ドラムチャンプロードvol.9が開催されました。

IMG_3636s


今回で9回目なんですね。

物凄く久し振りになってしまいました。

遡ってみると、最後に見た本大会は2015.4.17のvol.5。
その後の後夜祭(5.25)にも行きましたが、
もう1年以上も空いてたんですね。



知らない方のために、

■ ドラムチャンプロードとは

ドラム2台を向い合せ、音をぶつけ合う。
ラップやヒップホップダンスにみられる“フリースタイルバトル”を、ドラム流にアレンジ。
自身が持っているプレイスタイルを活かし相手と戦う。
ロック、パンク、ハードコア、メタル、ジャズ、ファンク etc…ジャンルは不問。
手数で圧倒するのか、スピードで圧倒するのか、グルーヴで圧倒するのか。
競い合う二台のドラムが、新しい興奮を生み出す。
(公式サイトから転載)

IMG_3843s


■ ルール

1試合6分間。
開始の合図ののち各自セッティングを行い(各ブロック決勝はセッティング別)、
時間いっぱいまでフリースタイルでドラムを叩き合う。
自分のスタイルで叩き続けるもよし、相手とグルーヴを合わせるもよし、バースチェンジで掛け合うもよし。

IMG_4739s


出場者を含むオーディエンスによる判定が1ポイント、
そして2名の陪審員による判定が1ポイントずつの合計3ポイント。
ポイントを多く取った選手の勝利。

IMG_3898s


優勝者には、新宿ANTIKNOCK姉妹店HILL VALLEY STUDIOの個人練習無料権(3ヶ月間)が贈られます。



気になる今回の出場者はこちら。

菊間慎太郎(GOLGO BUTCH) / 石川大輔(ZIONG HEAD) / タナショウ(discourage) / RYOHEY(THRH) / 大石竜輔(madmantails) / 仮面ポコター(ヱヰ十) / むぅ大陸(エゴシカボンブ) / GAZZY(個人主義激場) / モンジ(テコの原理) / イケヤマホロ(isolate) / リュウスケ(12月23日) / まーくんa.k.a.ばんちょ / 小泉ドラエモ圭司(世界遺産) / MADSEXたかし / トモロヲ(アライ先輩) / コータマン(DELTA CHORD) / 吉村健太郎 / 香山玄季 / 崎山(家畜) / 青柳和真 / 大鷲恭平(REBLAZE) / ナランチャ(Diamond of the Dead) / Yu-ichi(within the last wish) / スピードエンジェル(LUST) / 佐藤修平(モグらいおん)
(敬称略)

IMG_3756s
俺より強い奴に会いに行く。



司会:とーまTHEまえん
司会補佐:Dr.Gate / yucco(渋谷のスカイツリー)

陪審員:ヤマザキタケシ(THE BASSONS) / ONOBONE(QS HumBramar)
(敬称略)

IMG_3747s
左から、Dr.Gate氏、ONOBONE氏、ヤマザキタケシ氏、yucco氏、とーまTHEまえん氏。



暫く来ていない間に、様々なドラマがあったようで、



ドラマーだけに。




えっと、




、、、




観る事の出来なかったvol.6では、
花形選手の1人でもある、仁氏(CYCLAMEN)が念願の初優勝。

vol.7,8では、こちらもドラチャンでは知らない人はいない、菊間慎太郎氏(GOLGO BUTCH)が、ななんと2連覇を果たしていました。


知らない間に、、、

とは言っても、
実は個人練に入っている2人とはよくHILL VALLEYで遭遇していたので話は聞いてました。

菊間選手に至っては毎日いたみたいです()。

歴代チャンプの中でもブッチギリで個人練習無料権を活用していたと思います。



さて、

ドラマーによるドラマはこれで終わりではありません。

ドラチャンには本大会の他に、ヤングロードや後夜祭などの派生イベントがあり、
前回大会後の後夜祭内で行われたプチトーナメントにおいて、
なんと菊間選手は初参加のタナショウ選手(discourage)に敗れ、
今大会のシード権を奪われてしまったのです!


ドラマー!


予選ブロック1回戦からの挑戦になってしまった菊間選手。

そして今大会も腕に自信しかない猛者共が25名。

IMG_4577s
殺気しかない。


回を増す毎にレベルが上がり、常連選手達は勝ち上がるコツをそれぞれ掴みつつあるようで、

昔のように、スティック光らせたり、逆立ちしてバスドラ踏んだり、グラビティブラストしながらセッティングしたり、スネアのみで鼓笛隊(ほぼ聴こえない)を貫いたり、相手のドラムを叩いたり、セットを解体してエアドラムしたり、

eb345e21
(各レポート参照)

と、

オーディエンスや陪審員の目を自分に向ける、パフォーマンス重視の選手の姿は減り、
(観る側は楽しみの一つでしたが)

パワー、グルーヴ、手数、など自分の得意とするスタイルでのガチンコバトルが多く、
度々上がる歓声と共に鳥肌立ちっぱなしでした。

美しかったです。

IMG_4208s



休憩中、某選手に、
「ドラマーじゃないのに見てて楽しい?」
と訊かれましたが、

ドラマーじゃなくても見てて全然楽しいです。


僕にはこう見えてます。

st2

st2




さてさて、各予選ブロックを勝ち抜いたのは、
大鷲恭平選手、まーくんa.k.a.ばんちょ選手、菊間慎太郎選手。

IMG_4650s


菊間選手上がってきたーー!


そして、今回のシードであり、本大会初出場でもあるタナショウ選手を加えた4選手での決勝トーナメントとなりました。


が、


ドラマーによるドラマはこれd(ry



なんとここで「道場破り」なる、謎の逆隠れモンスター、
チンウィル氏(THINK AGAIN / VVORLD)が乱入!

IMG_4652s


「ここにいる4人をぶっ続けで倒したら俺優勝な!」
(実際にはそんな言い方はしてない)

「「「な、なんだってーーっ!!」」」
(実際にはそんな)



と言う事で、
満場一致により道場破り戦がスタート。

1人目は、今回シードの為まだ1戦もしていない、たぎりまくるタナショウ選手。

IMG_4657s
こわ。。

IMG_4705s
こわーーーーっ!!


なんとなんとタナショウ選手、次の試合に回す事無くクリティカルで終了!

手加減無しで返り討ちにしたタナショウ選手と、とんでもない挑戦をしたチンウィル選手に惜しみない拍手が送られました。



いよいよ決勝トーナメント。

ここでも因縁の対決。

予選ブロックから勝ち上がってきた前回王者菊間選手
VS
シード権を奪った本大会初出場タナショウ選手

IMG_4816s

ここで菊間選手はリベンジを果たし、見事決勝進出。



IMG_4918s

決勝に上がった大鷲選手とのバトルの末、


なんと菊間選手3連覇!!!

強過ぎる。

IMG_5001s





これ、優勝したら逆に練習しちゃダメ。とかにしないと差が開いちゃうよね()。



次回ドラムチャンプロードはいよいよ記念すべきvol.10。

どんなドラマが待っているのでしょうか。しつこい。

いやでもまじで。


楽しみにしてます。


今回のダイジェスト動画も作成中。
出来れば気長にお待ちください。

過去のレポート、ダイジェスト動画等、関連リンクは一番最後に載せておきます。
チャンプロード未体験の方は、過去の動画で少しでも体験してみてください。

IMG_3650s

IMG_3935s

IMG_4737s

IMG_4084s

IMG_4288s

IMG_4244s

IMG_4536s

IMG_4505s

IMG_4247s

IMG_5014s


チャンプロード関連リンク

◆ ドラムチャンプロード公式サイト
http://www.drumchamproad.com/
◆ チャンプロード公式twitter
https://twitter.com/drum_champ

□ 2014.6.27(sun)ギターチャンプロードvol.2ダイジェスト
https://youtu.be/APUnQuhjGTo
□ 2014.8.15(fri)ドラムチャンプロードvol.3ダイジェスト
https://youtu.be/_Bp7dh8Ky4E
□ 2015.1.22(thu)ドラムチャンプロードvol.4ダイジェスト
https://youtu.be/pdxMEPn76hY
□ 2015.4.17(fri)ドラムチャンプロードvol.5決勝総当たり戦全試合
・ 大西英雄 VS 上田哲也
http://youtu.be/jYo1K37MrIE
・ 瀬尾雄一郎 VS 上田哲也
http://youtu.be/zijwhUQ6C_s
・ 瀬尾雄一郎 VS 大西英雄
http://youtu.be/HUyxz6f2yUg

■ 【レポ事。】2013.11.29(fri)ドラムチャンプロード&ケーブル品評会
http://blog.livedoor.jp/esolablog/archives/2013-11-30.html
■ 【レポ事。】2014.4.11(fri)ギターチャンプロード
http://blog.livedoor.jp/esolablog/archives/2014-04-12.html
■ 【レポ事。】2014.6.27(sun)ギターチャンプロードvol.2
http://blog.livedoor.jp/esolablog/archives/2014-07-03.html
■ 【レポ事。】2014.8.15(fri)ドラムチャンプロードvol.3
http://blog.livedoor.jp/esolablog/archives/2014-08-17.html
■ 【レポ事。】2015.1.22(thu)ドラムチャンプロードvol.4
http://blog.livedoor.jp/esolablog/archives/2015-01-28.html
■ 【レポ事。】2015.4.17(fri)ドラムチャンプロードvol.5
http://blog.livedoor.jp/esolablog/archives/2015-04-25.html
■ 【レポ事。】2015.5.25(mon)ドラム&ギターチャンプロード後夜祭
http://blog.livedoor.jp/esolablog/archives/2015-06-10.html


vo マタヒラ


esolablog at 19:05|PermalinkComments(0)【レポ事。】 

July 05, 2016

【レポ事。】2016.6.29(水)『なぜアーティストは生きづらいか?』NAGESEN MEETING

6/29(水)@MUSE音楽院
『なぜアーティストは生きづらいか?』
NAGESEN MEETING 2016

というトークイベントに参加してきました。

IMG_5598s


MUSE音楽院講師でもあり、
書籍『なぜアーティストは生きづらいのか?-個性的すぎる才能の活かし方-』
(https://www.amazon.co.jp/)
の著者の一人でもある手島将彦氏を迎え、

本のリリースに至った経緯から、本に込めた想い、そしてリリース後の反応など、
さらには本の内容を越え、もっと幅広い意味での、
"なぜアーティストは生きづらいのか?"全般の話を聞く事が出来ました。


IMG_5609s
■ NAGESEN MEETING official twitter
https://twitter.com/Nagesen2016

司会は、SEI WITH MASTER OF RAM印藤勢氏。
SEI IS MASTER OF CEREMONY。


ゲストコメンテーターには、
YKZ/DADASのスーパーベーシストでもあり、現在ポニーキャニオン制作部所属の田中秀基氏。

YKZ秋満謙章氏、RIZE金子ノブアキ氏、井手大介氏と、DADASのメンバーとしても活動。
BACK DROP BOMBのGt田中仁氏の実兄でもある。
(Wikipediaより)

バンドマンになる前にも、某音楽事務所で働いた経験を持ち、
インディーズ、メジャー、裏方であるレコード会社、音楽事務所と、
あらゆる角度で、そしてどちらの立場からでもコメントが出来る数少ない人物。

今回、書籍『なぜアーティストは生きづらいのか?』を読み感銘を受け、
すぐに執行役員にも本を渡したとの事。

IMG_5628s
田中氏(左)と手島氏(右)

■ YKZ / BLOW BACK(live)
https://youtu.be/ABoeLi3dGjk
■ DADAS / 火の鳥
https://youtu.be/7w3ZUefoHV4

(ドチャクソかっこいい)



今回のイベントには、もう一人の著者でもある精神科医の本田秀夫氏が不在と言う事で、
本に書かれている専門的な話をさらに掘り下げたり、と言う事ではなく、

バンドマン、ライブハウス、レコード会社、事務所、専門学校といった音楽関係者から見る、
『アーティスト』の『生きづらさ』についての話がメインになりました。


僕みたいなバンドマンの参加者は思ったより少なく、
実際に確認はしてませんが、手島氏のブログを読むと、普通の主婦の方から、演劇関係者、作詞家、学校関係者、コピーライター、広告関係者などが参加されていたようです。
MUSE音楽院生徒さんもいましたね。

そして、既に本を読んできた方もいれば、まだ読んでない方も。

普段は顔を合わせる事の無いであろう、世代もジャンルも立場もバラバラの人種が集まり、
ノアの方舟のような空間でした。
唯一の共通点はテーマへの興味ってだけで。


IMG_5616s



あっ



という間の2時間半(ちょい延長)。

話の内容はさすがに全部書けないので(あらゆる意味で)、
ザックリといくつか。敢えて引っ掛かって貰えるようなキーワードを出すと。

・本に対してのネガティブな反応。
・音楽が無くても死なない。
・音楽が無いと社会と繋がれない人。
・アーティスト=めんどくさい人?
・音楽の社会的な価値の低下。
・制作vs宣伝、採算と会社の空気。
・モノを創る人より、それを売るシステムを作った人の方が儲かっている。
・どうしても人と関わらないと出来ない事。
・無自覚で作り上げた、暗黙の世間の仕組み。
・根拠の無い強制的な『後ろめたさ』。
・居場所からの拒絶とお金の問題。
・『生きづらさ』を知らない人、当事者じゃない人に知ってもらう事。
・多様性の中で許される個性と許されない個性?
・多様性を取り入れるの4つの段階「抵抗」「同化」「分離」「統合」。

などなど。

これらのキーワードがどういう流れで話に出てきて、どう膨らんで、どう進んだかまで分からないと、キーワードだけに対して反論も来そうですが()。
まあ敢えて。引っ掛かって頂ければ。

本の内容から離れ、もっと広い意味での『なぜアーティストは生きづらいのか?』の話が、
それぞれの立場から、それぞれの経験から、色んな考えが聞けて面白かったです。

そして、本の内容から離れ、とは書きましたが、実はそう離れてもいなくて、

本の中でも『自閉症スペクトラム』等の話はキーワードの一つであって、
それをきっかけに『人』自身について『多様性』について、
生きづらい当事者もそうでない方も、その違和感や原因に気付いて考えていけたら、
音楽業界だけでなく、学校や会社や家族間に起こりうる同じような問題にも少しづつ変化が出てくるのかも。
と、そこに繋がるのかなと思いました。

特に手島氏の『全部世の中が悪いんです』と言う話が面白かったです。
これもキーワードだけ聞くとヤバいですけど()。
まあ敢えて。


手島氏がイベント後にブログを更新してます。
■ NAGESEN MEETING 「音楽がなくても死なない」が…。
http://blog.livedoor.jp/monday_friday/archives/2016-06-30.html
■ NAGESEN MEETING その2 「生きづらさを自分のせいだと思わない」
http://blog.livedoor.jp/monday_friday/archives/2016-07-03.html

いくつかキーワードの話も書かれてますね。


そして、田中氏が話の中で「世界的なアーティストでもこういう事がある。俺らと一緒だ。」
と言って例を挙げた、2つのドキュメンタリー映画もここで紹介しておきます。

『METALLICA SOME KIND OF MONSTER』
https://www.amazon.co.jp/dp/B000BRJGRA/ref=cm_sw_r_tw_dp_6bNExbRKT2QNF
『BEATS,RHYMES & LiFE〜A Tribe Called Questの旅〜』
https://www.amazon.co.jp/dp/B00AQLJJRI/ref=cm_sw_r_tw_dp_F8MExbRE4T327

田中氏は、いざという時、担当アーティストに渡したい作品のラインナップが、
『METALLICA』『A Tribe Called Quest』のDVD、そして今回で『手島将彦』の3つになった。とまで言っていました。
メタル、ヒップホップ、専門学校。


IMG_5622s




そうそう、

イベントもだいぶ終盤になってから、僕もマイクを持つ事になったのですが、

頭が真っ白になって、聞かれた質問もわからないし、何を答えたかも全く覚えてません。

人前で歌うようになってから十数年は経ちますが、
相変わらず人前で話すのは苦手です。

あの瞬間が一番"生きづらかった"んじゃなかろうか。

でも、普通なら会場全体が『最後に出てきて何なんだコイツ』となってもおかしくない所、

テーマがテーマなので、色々察してもらえた感じがしてほっとしました()。

まあでも不甲斐無かったです。


『本を読んで救われた。変わった。という声。』の話が出ていたのですが、
それにつけ加えて、なぜ僕が出来るだけ沢山の人に本を読んでほしいのか。
を今更ながら書かせてもらうと、

一旦アーティストからは離れますが、

普段の生活の中で、自分にはどうしても許せない人、どうも合わないな。と思う人に対して、
諦めやイヤミ的なニュアンスで、つい使ってしまう『人それぞれ』とか『世の中色んな人がいるから』。
この"それ言っちゃあ"的な魔法の言葉では、今まではやっぱり納得出来てない所があった訳です。

僕がよく例に出すのが"遅刻"なんですが、

だって、世の中色んな人がいたとしたって、理由の無い遅刻は普通ダメでしょうに。

と、僕からしたら思う訳です。

本を読んでも、遅刻する人がなぜ遅刻するのかが書いてある訳ではありませんが、
遅延や寝坊、前の用事が長引いた。とか、よくある理由以外に、無いと思っていた理由が実はあると言う事。その人なりのスジというかルール。
"理由"自体が理解出来なくても、"理由がある"って事が理解出来ただけで、
僕の場合は、いとも簡単に『それじゃあしょうがないのかも』と納得出来るようになった訳です。

それが"遅刻"以外の色んな事にも言えるのです。

あくまで理屈ではですよ。
残念ながら変わらずイラッとはしますよ。まだ。
でも、僕に起きた結構大きな変化です。

あと、ホントにダメな事はダメです。言わずもがな。

そして逆もしかり。僕も他人には理解してもらえないであろう"こだわり"によって、
ストレスを与える側にもなっていると言う事。

具体的に上手く説明出来ない謎の"こだわり"が自分の中に沢山ある事は知っています。

"こだわり"を理解して貰えなくてもいいので、
"こだわりがある"という事だけでもわかってほしいなと。
特に僕の回りの大事な人には。

そして、そんな"こだわり"の種族が結構いるって事が、もっと沢山の人に理解されていれば、

もしかしたら、あのバンドは解散しなくて済んだのかもしれないし、アイツはクビにならなかったのかもしれない。

なんて思いました。


『なぜアーティストは生きづらいのか?-個性的すぎる才能の活かし方-』

是非、読んでみてほしいです。

ちょうど、今ならKindle版は¥1,199(74%)引きでなんと¥421です。(7/7まで)
■ amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B01EH3O39E/ref=cm_sw_r_tw_dp_XM8DxbKQGTV4V

■ リットーミュージック商品ページ
http://www.rittor-music.co.jp/books/15317403.html
■ BEEAST レビューページ
http://www.beeast69.com/serial/simple/152261
■ CINRA.NET 手島将彦×本田秀夫対談の記事
http://www.cinra.net/interview/201605-sainounoikashikata

ちなみに、電子書籍の最終小売価格がどのように変動しようと、印税額は影響を受けないみたいなので、安売りによって手島氏と本田氏が生きづらくなる事はありません()。



また今回のようなトークイベントがあれば、参加したいです。

僕は聴く側のみで()。



本当はここがちょうど折り返し。ってくらいブログには続きがあったのですが、
とりあえず止めときます。


vo マタヒラ

esolablog at 18:58|PermalinkComments(0)【レポ事。】